アトピーの辛さを軽減するには?

 

アトピーの辛さは経験した人でなければ分からない言われます。しかし、アトピーで生まれてくる子供の数は数十年前と比較しても増加傾向にあり、親子で辛い思いをしているご家庭は少なくありません。

 

アトピーでは遺伝も大きな原因となるといわれており、両親のどちらかにアトピーや喘息、花粉症といったアレルギー体質がある場合になりやすいといわれています。

 

アレルギーとアトピーとの関連ですが、アレルギーは人間の体は体内に入ってくる異物を排除する免疫反応であり、花粉やホコリといったハウスダストなど体から追い出そうとして過剰に反応する結果、体に様々な症状が表れることをいいます。。

 

アトピーはそんなアレルギー反応のひとつという面を持ち、赤ちゃんでも頬や首まわり、耳や体にもかゆみの強い赤いぶつぶつが出てきます。

 

どうしてもかいてしまうので、ジュクジュクします。赤ちゃんの頃はジュクジュクした湿疹で、子供になると、カサカサした湿疹になり体から足にかけてもできます。

 

大人になれば、ほとんど治りますが、成人まで続く場合もあります。

 

親も子も辛いアトピーですが、努力次第で改善もあります。肌は乾燥しているので、しっかりスキンケアで保湿をします。ベビーオイルで乾燥を防ぎ、医者から処方された薬をしっかり塗ります。

 

ダニやハウスダストも一因ですので、布団はしっかりと干します。アトピーの辛い日々の中でもしっかりと対策すれば、生活に支障ない程度に軽減することが可能のようです。大人アトピーのサプリメントはこれ!