子どもの野菜嫌いは味付けや調理法を工夫する

子供が野菜嫌いという理由の中には、野菜は苦い、美味しくない、味気ないという理由があります。

 

その為、まずは野菜の料理方法や味付けについて工夫をして見てはいかがでしょうか?

 

勿論、野菜の味をわからなくする為に過度の味付けはいけません。

 

子供のうちから濃い味付けに慣れてしまうと、どんどん濃いものでなければ満足できない様になってしまうのです。

 

一般的なのは、野菜を細かき刻んで入れるということです。

 

細かく刻んでスープ等に入れてしまえば視覚的にも野菜が含まれていると言うことは分かりませんよね。

 

一度口に入れて食べた後に、苦手な野菜が含まれていると言うことを教えてあげれば、不思議と苦手意識も少なくなってくるものなのです。

 

その為、視覚的に野菜を含まれていないように工夫することはとても良いことでしょう。

 

また、炒飯等も野菜を細かき刻んで入れやすいですよね。

 

子供にも食べやすいものですし、気軽に様々な野菜を入れることができると思います。

 

その為、しっかりと食べさせることができるでしょう。

 

最近は、フードプロセッサというものもあります。

 

これがあれば、野菜を原型が無いくらい細かくすることができますし、見た目的にも野菜が無いように思える料理を作ることができますよね。

 

まずは野菜を食べても気づかない様な生活を送って見てはいかがでしょうか?

 

料理方法を工夫するだけで、気付かないうちに野菜を食べさせることができるのです。

 

そうすれば、苦手意識もどんどん無くなってくると思います。子供の青汁で無添加【完全】のもの見つけました!